診療機器紹介

診療機器

ウォーターベッド アクアタイザー[QZ-240]

ウォーターベッドとは

ベッド型の最新医療用水圧式マッサージ器。水の力だけで「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」「なでる」「のばす」の7種類のマッサージパターンが再現されています。
水流の切り替えや、6段階の強さ設定により、柔らかなマッサージから強めのマッサージまで、患者様の状態に応じて最適の強さが選べます。
また、ベッド自体の暖かさや、水の浮遊感などによるリラグゼーション効果も高く、日ごろのストレス解消にも効果が期待できます。

高気圧酸素ルーム

高気圧酸素ルームとは

高気圧酸素ルームは一般呼吸に比べ溶解型酸素の浸透圧を高め、細胞の活性化を促します。

このような方に効果が期待できます。

  • ストレス緩和
  • リラクゼーション
  • 疲労回復
  • 集中力向上
  • エネルギーの増進
  • 部活動、大会期間中の疲労回復
  • スポーツの後
  • ダイエット
  • 若返り
  • 怪我の治癒促進
高気圧酸素ルーム

乾式ホットパック装置 ホットリズミー[MHR-4]

ホットパック治療の特徴とは

ホットパックで治療すると、温熱が皮膚内の静脈路を拡張し血流が増し、皮膚・皮膚組織、その下の筋組織へと温熱が伝わり、各組織への栄養分、抗体、白血球、酸素などの補給が促進されます。

乾式ホットパック装置 ホットリズミー MHR-4

干渉電流型低周波治療器 スーパーカイネ[SK-10WDX]

干渉低周波治療法とは

周波数の異なる搬送波を身体に流すと、干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。それを利用した干渉低周波治療法は、不快感なく電気エネ ルギーを身体に与えることができ、治療部位に十分な刺激を加えることができます。
この刺激により筋肉の収縮を起こさせ、血行促進を活発にさせて痛みの原因物質の排出を行います。

干渉電流型低周波治療器 SK-10W

超音波治療器 ソニックタイザー[SZ-100]

超音波治療とは

超音波とは人間の耳では聞こえないほどの高い周波数(20KHz以上)で振動する音波と定義されています。この超音波の機械的振動を生体に照射して、治療効果を上げるのが超音波療法です。超音波を照射すると、その機械的振動によって生体組織が加温され、生体内にある数μmの微小な気泡が圧縮と拡張を繰り返し、細胞膜を適度に刺激して細胞を活性化させます。

世界のリハビリテーション分野やスポーツ分野でも活躍

疲労した筋肉をリラックスさせることができるため、スポーツ選手にも人気で、サッカーのワールドカップやオリンピックの現場でも活躍しています。
人間の手では不可能な、1秒間に数百万回もの高速振動を行い、手技ではほぐれない体の深部に直接圧力を与え、早期疼痛緩和治療を行うことができます。

ハイボルテージ機器 HVMC DELTA[RE-2011ES]

使いやすさを追求し、よりシンプルによりコンパクトに

HVMCデルタは名前の通りHV(ハイボルテージ:高圧電気刺激)治療モードとMC(マイクロカレント:微弱電流)治療モードを有した電気刺激治療器です。
この2つの治療モードは痛みの治療に限らず、創傷治療、機能回復、日常生活への早期復帰まで電気刺激治療器に求められる様々な役割にお応えします。

ハイボルテージ機器 HVMC DELTA[RE-2011ES]

PAGE TOP